離婚り必要な事

離婚をしたい理由

離婚したい理由
離婚したい理由は人それぞれあるでしょうです。結婚年数が浅い夫婦で多い理由は、性格の不一致の様です。恋愛結婚でもお見合い結婚でも、結婚生活をスタートさせてから初めて気付く性格の違いというものがあります。努力しても違いが修復できない為に、離婚したいと思うまでになるようです。また、性格だけでは無いでしょう。日常習慣の違いや性の不一致、あるいは相手親族との折り合いがどうしても合わず、それを解消出来なかった場合もあるでしょう。離婚したいと考えるケースは、結婚年数を重ねていてもありえます。熟年離婚は近年増え...
離婚したい理由の傾向
離婚したい理由の最近の傾向にはどういったものがあるのでしょうか。目立った傾向としては、熟年離婚が増加傾向にあるようです。長年連れ添った夫婦が別れてしまうのが熟年離婚なのですが、これは離婚時の厚生年金分割制度の影響があると考えられています。平成19年4月から施行された離婚時の厚生年金の分割制度によって、合意があれば婚姻期間中の厚生年金(夫婦の合計)を分割することが可能になりました。更に平成20年4月以降では自動的に2分の1に分割される事となっているのです。離婚したい熟年夫婦にとって、老後の蓄えの確...
離婚したい意思を固めましょう
離婚したいと考えていても、なかなか気持ちを行動に起こせない場合もあるでしょう。確かに、お互いを大切に思った時期があるならば、夫婦の情が残っていることが離婚の話し合いや手続を先延ばしにしたい壁になるのは充分考えられる事です。「結婚はタイミング」とよくいわれますが、離婚もタイミングによってはなかなか進みにくいものです。ですが、離婚したいと真剣に望むなら、そういった気持ちを断ち切ることも大事なのです。自分の意思をしっかり持ち、離婚に関する様々なトラブルが起きても対処できるような覚悟も要求されるのだと捉...
離婚したいなら冷静な対応を
離婚したいという気持ちに至るまでには夫婦の間で様々なことがあるものなのです。生活を共に過ごして感じてきた不満や、将来への不安、また、配偶者の浮気など、離婚したいと思う原因はケースバイケースと言えるでしょう。激昂してしまい、突然離婚を持ちかけたりする場合もあるのではないでしょうか。しかし理由がどうであれ、離婚するには冷静に考えてみることがとても重要なのです。感情が高ぶったまま離婚を切り出しては、もし、その後夫婦生活をやり直すことになった際に新たなわだかまりを生んでしまう結果になりかねません。長年連...
離婚したい法律上の理由
離婚したいと思う理由は、夫婦それぞれにあるでしょう。夫婦でしか分からない場合もあれば、いがみ合う姿を見かねた周囲から離婚を進められるといった場合もある様です。ですが、法律上、離婚が相当とされるケースもあります。ここでは法的に離婚したいと提訴できる場合を紹介していきます。離婚に関する権利は民法などで保護されています。民法だと第763条から第771条に離婚関連の規定が書かれており、その他には戸籍法、家事審判法、人事訴訟法なども離婚に関する法律となっています。離婚したい理由を法的に保障しているのは、民...
離婚したい時に決めること
離婚したいという気持ちが明確になったら、色々なことを決めて離婚成立まで行動しましょう。決めなければならないことは経済的な事柄が主になるでしょう。慰謝料や財産分与をどうするのかが最初の問題となるようで、性格の不一致などの場合ではお互いに離婚に至るまでの負うべき責任が無いとみなし、慰謝料を請求しないケースがほとんどなのです。しかし、離婚したい理由に配偶者の不貞や暴力などがあった場合は、結婚年数や収入、離婚原因となった理由によって相当額の慰謝料を支払うことになるでしょう。財産分与は、夫婦であった期間に...
離婚したいタイミングとは
離婚したい時に適したタイミングはあるのでしょうか。就職や退職、結婚や出産など、人生にはいくつかの節目があり、新しい環境に乗り出すのに最適な時期があります。それでは、離婚したい気持ちを最も活かせる時期があるなら、その時期を選んでスムーズに離婚成立とさせたいものですね。離婚したい方には熟年離婚を希望する妻が増えているようです。その際は、夫が退職する時がタイミング的には良いとされます。退職すれば退職金が出るでしょう。退職金を慰謝料として財産分与とするケースは多い様で、配偶者が退職する時期に併せて、数ヶ...
離婚したい夫婦はふえているのか
離婚したい夫婦が最近増えているのではといわれているのをご存知でしょうか。芸能人の離婚がニュースになったり、離婚関連の情報が溢れているので増えたような印象があるのではないでしょうか。また、離婚したい理由にドメスティックバイオレンス(DV)や、熟年離婚、あるいは国際結婚による文化・習慣の違いから離婚するというケースも増えています。ですが、現在の離婚率は減少傾向にある様です。日本では平成に入ってからは増加の一方でしたが、徐々に離婚する数のピークが下がってきているそうで、今は2%となっています。現在、離...
離婚したいなら将来設計も忘れずに
離婚後の生活も考えておかないと、後で大変な苦労をしてしまう事になるでしょう。離婚したいのなら、しっかりとした生活設計を持ちましょう。特に専業主婦であった場合は離婚後の収入を得る方法を見つけねばならず、経済力と住む場所を確保する必要があるでしょう。離婚したいけれど、仕事が見つかるか不安だと言う方、子供を抱えているなら何かと心配もあるでしょうが、先ずは生活が安定するように離婚前から準備をしておきましょう。離婚したい気持ちを持った時、将来に備えてアルバイトやパートを始めておくのはお薦めです。離婚を前提...
離婚したいのに出来ないケース
離婚したいと常々思っていても、いざ離婚となると踏み出せないことがあるでしょう。離婚には夫婦だけの問題ではなく、子供を含めて親族の問題などの理由もあると考えられます。あるいは、不倫をしている場合、離婚したいと配偶者に申し出ても離婚を了承しないケースもあるでしょう。離婚を認めない親の存在もあります。子供のために離婚を我慢している夫婦は割りと多いようで、子供が入学などで不利にならないように仮面夫婦となり、成人を待って離婚する方もいるようです。離婚したい考えを、片親だけの生活で不自由が無いようにと封印す...
離婚したい時には弁護士を
離婚したい時にサポートしてくれるのが弁護士です。離婚には財産分与に慰謝料、子供の親権など、法律上決めなければならない事が多くあり、感情のもつれもあってか当事者だけでは離婚成立が難しい場合も多々あるのです。そのような時、弁護士が離婚したい夫婦を助けてくれるでしょう。弁護士の能力が発揮されるのは、財産分与や子供の親権などでトラブルが起こっている時が多いようで、複雑な事情がある場合は調停や裁判に法律の専門知識が必要になるケースもあります。それに相手側に離婚したい大きな原因があるなら、より有利に離婚を成...
離婚したい時には探偵社を
離婚したい原因が不貞行為にあるのに、相手がそれを認めないケースがあります。不倫の事実がないからと離婚に応じない場合です。離婚すると社会的なイメージダウンに繋がり、世間体が悪いとする考えや、経済的な理由から不貞をしていることを隠してしまうのです。こうなると、離婚したいと何度も迫ってもはぐらかされる、別居したままついには行方知れずになって離婚届が出せない状態になるといったことがおこるのです。よって、確実に離婚するには不貞の証拠を掴むのが重要になってきます。不貞の証拠を掴むには、探偵社に依頼する方法が...
離婚したい時の証拠集め
離婚したいのに相手が応じない場合は、どうすればよいのでしょうか。理由や配偶者の性格などから、離婚を申し出ても拒否される場合があります。例えば、浮気の事実があるのにもかかわらず頑なに認めず、離婚する意思はないとする場合や、DVで脅して離婚話をなかったものにする場合など、相手側に問題があるのに何らかの理由をつけて離婚出来ないケースがあります。こうなると、離婚したいという側と離婚しない側で大きな衝突が起こります。あるいは、争いを避けるために離婚話を取り下げるしかないことだってあるでしょう。しかし、これ...
離婚したい夫婦が別居するには
離婚したい夫婦は感情的になる事が多いので、冷静さを取り戻すためにも別居は良い方法でしょう。分かれて生活することで冷却期間を置き、離婚したい原因は何か見定め、相手への気持ちや、将来に向けた計画などの考えもまとめやすくなります。ただし、離婚したいために別居するなら、勝手に家出するのは避けましょう。法律上、夫婦には同居する義務があるのです。突然家を出るのは同居義務違反となってしまい、後々調停などをした場合に不利になることもあります。無断で別居をし、しかも相手の言い分をまったく無視している時は「悪意の遺...

離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚をしたい理由