離婚り必要な事

離婚したいのに出来ないケース

離婚したいと常々思っていても、いざ離婚となると踏み出せないことがあるでしょう。

 

離婚には夫婦だけの問題ではなく、子供を含めて親族の問題などの理由もあると考えられます。

 

あるいは、不倫をしている場合、離婚したいと配偶者に申し出ても離婚を了承しないケースもあるでしょう。

 

離婚を認めない親の存在もあります。

 

子供のために離婚を我慢している夫婦は割りと多いようで、子供が入学などで不利にならないように仮面夫婦となり、成人を待って離婚する方もいるようです。

 

離婚したい考えを、片親だけの生活で不自由が無いようにと封印する場合もあります。

 

親族関係で問題となるのは、相続や親の介護などが絡み、親族間の思惑によって離婚できないこともあるといいます。

 

それと、親が子供の離婚を認めないケースでは、やはり世間体の悪さから、いくら本人達が「離婚したい」と言っても聞き入れず、そのまま子供との関係が悪化してしまう恐れもあるのです。

 

親だからと子供の離婚に口出しするのはあまりお薦めできません。

 

離婚したいと思っていても、不倫の場合は相手への報復として離婚に応じない場合もあります。

 

お互いの愛情で結びつくのが夫婦であるために、不倫や浮気での離婚は裏切り行為でしかないとの立場からで、たとえ泥沼化しても配偶者の地位を手放したくないと考えるようです。

 

以上のケースは、離婚話がこじれてしまう割合が高いでしょう。

 

第三者を交えての話し合いや場合によっては裁判を起こす必要もあり、離婚したい意思を押し通すのも難しくなるかもしれず、相当の覚悟が必要となるでしょう。

離婚したいのに出来ないケース関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したいのに出来ないケース