離婚り必要な事

離婚したい時の証拠集め

離婚したいのに相手が応じない場合は、どうすればよいのでしょうか。

 

理由や配偶者の性格などから、離婚を申し出ても拒否される場合があります。

 

例えば、浮気の事実があるのにもかかわらず頑なに認めず、離婚する意思はないとする場合や、DVで脅して離婚話をなかったものにする場合など、相手側に問題があるのに何らかの理由をつけて離婚出来ないケースがあります。

 

こうなると、離婚したいという側と離婚しない側で大きな衝突が起こります。

 

あるいは、争いを避けるために離婚話を取り下げるしかないことだってあるでしょう。

 

しかし、これでは問題を先送りしただけになり、いずれまた不満が溜まってトラブルになる可能性が高く、離婚したいと思う理由がDVや酒乱、借金などでは生活はおろか、命の危険に晒されるかも知れないのです。

 

離婚したいと強く考えるなら、やはり意思を貫くことが重要です。

 

離婚に応じない相手との交渉を有利にするためにも、証拠集めをしておくことをお薦めします。

 

不貞が原因なら、証拠となる写真や電話の履歴、クレジットカードの明細などを集め、DVによるケガをした際には、医師の診断書を書いてもらったり、誰からでも確実に分かる証拠を集めましょう。

 

証拠集めが難しいのなら、夫婦の内情を知る家族や友人に協力をお願いしたり、プロである探偵に依頼すると言う方法もあるのです。

 

同時に、離婚したいけれど相手が承服しないとして離婚調停を申し立て、これらの証拠を元に話を進めていきましょう。

 

証拠を付き付ければ比較的スムーズに離婚が成立することも多いとされています。

離婚したい時の証拠集め関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したい時の証拠集め