離婚り必要な事

離婚の種類と方法

離婚したい時とその種類
離婚したい時には、様々な手続が必要なのです。しかし、離婚にはいくつかの種類があり、種類によって手続方法も変わってきます。ここでは離婚の種類について説明していきましょう。最も多いとされているのが協議離婚でしょう。離婚したい理由が性格の不一致や夫婦生活のすれ違いなどで、夫婦間の話し合いで離婚する意思を固めた場合に当てはまります。離婚にお互いが同意していれば、管轄の市町村役場に離婚届を提出し、受理されるとば離婚は成立します。もし、離婚したいのに相手が応じない時や何らかのトラブルがある場合には、裁判離婚...
離婚したい時と離婚届
離婚したい夫婦が話し合い、協議離婚すると決まったなら手続きを始めましょう。離婚は法律に則った方法でなければ成立しません。離婚したいからと離婚届を勝手に提出しても、受理されない場合もありますので、決められた手順を守って行う必要があります。離婚したいと夫婦の考えがまとまったら、先ずは最初に離婚届を準備しましょう。離婚届は各市町村役場の窓口に申し出れ手に入れられ、費用は無料です。離婚届を見てみると、記入事項が並んでいますが、氏名・住所・本籍・父母の氏名などの記入欄があるので、もれなく書き込みます。また...
離婚したいが離婚届を無効にするには
離婚したい夫婦のどちらか一方が、思い余って勝手に離婚届を提出してしまった場合、無効にすることは可能かどうかご存知でしょうか。離婚届は、書き間違いなどがなければ基本的には受理されることになっています。よって、離婚届を夫婦間の話し合い無く無断で提出された場合には、無効にするための手続が必要なのです。離婚したいけど、慰謝料や財産分与、子供の親権など、決めなければならないことはたくさんあり、知らぬ間に離婚が成立しては夫婦のどちらかにとって不利益が生じる可能性もあります。離婚したいからと勝手に出した場合に...
離婚したい際の協議離婚について
離婚したい夫婦のおよそ90%が協議離婚をするとされています。では、協議離婚の進め方や注意点を上げておきましょう。協議離婚は夫婦の話し合いで合意に至り、離婚届を提出すれば離婚成立となりますが、当事者同士での話し合いはかなり大変でしょう。特に離婚したい理由が不貞や借金などの場合、冷静さを失って話し合いも不調に陥るケースが多い様です。ですから、夫婦を知る第三者に立ち会ってもらうのも進めやすくなるポイントでしょう。話し合いは精神的にも疲労してしまいますので、条件を数回に分け、日時を決めて話し合うのもお薦...
離婚したい際の調停離婚について
離婚したいなら、夫婦の合意が必要です。しかし、夫婦のどちらか一方が離婚に応じない場合には、どうすればよいのでしょうか。あるいは、協議離婚するのは意見が合致しているのに、財産分与や子供の親権、養育費などでもめている場合や、暴力などで話もまともに出来ない場合も、離婚は容易ではありません。これらの場合、離婚したい夫婦どちらかが家庭裁判所に離婚調停を申し立てることで解決するかもしれません。離婚調停では、家庭裁判所の調停委員が離婚したい夫婦のそれぞれから話を聞き、離婚に合意するように間を取り持てくれ、成立...
離婚したい際の審判離婚について
離婚したい夫婦が協議離婚でも、調停離婚でも離婚成立とならない場合には、審判離婚をする道があります。調停離婚では夫婦どちらもの言い分を調停委員が聞くことにより、公正な判断から離婚が相当であるとの結果が出た場合には審判が行われることになります。調停ではなく家庭裁判所の審判によって離婚が成立するところが審判離婚の所以なのです。審判が下される為には、条件があります。離婚したい夫婦のどちらかが調停に出席出来ない場合や、夫婦共に審判離婚を求めている場合です。また、離婚したい意思は固まっていても、子供の親権や...
離婚したい際の判決離婚について
離婚したい意思があり、協議離婚、調停離婚、次いで審判離婚でも成立しなかった場合は、裁判で離婚訴訟を起こす方法・判決離婚があります。判決離婚では、片方が離婚したいとの申し出に納得しなくとも、裁判によって判決が下れば離婚が認められます。裁判で決まれば法的にも離婚成立で、いわば最終手段となります。裁判では、夫婦両方が自らの主張をし、離婚したい原因となった証拠を提出したり、夫婦に関わる証人などを召喚して進められます。そのため、裁判となると、専門知識や有利に判決を導く為の手腕も重要になりますから弁護士を依...
離婚したい時の裁判における注意点
離婚したい夫婦にとって、裁判離婚は最終的に結果が出るものでもあるのです。しかし、裁判は一般市民にとって非日常な事柄で勝手が分からず、いざ裁判となると戸惑う事も多いのではないでしょうか。離婚したいのなら、裁判に関する注意点も知っておいた方が良いでしょう。裁判はよく聞く話だと思いますが、時間と費用が掛かるものです。それに弁護士も参加します。離婚したい夫婦のうち、離婚の訴えを起こした方は原告、配偶者を被告と呼び、原則、離婚したい理由を作った有責配偶者からの離婚請求は認められません。裁判を起こす際は訴状...
離婚したい夫婦と財産分与
離婚したい夫婦は、財産について話し合っておくことが必要でしょう。離婚したい夫婦でいよいよ離婚成立となった際に問題となるのが、財産分与でしょう。婚姻期間中に夫婦で協力して築いた共有の財産を離婚時に分けることで、預貯金はもちろんですが不動産・動産や株、生命保険やゴルフの会員権などに、借金も対象に含まれます。ただし夫婦だからと言って、結婚する前のそれぞれの所有物、例を挙げると妻の嫁入り道具や、夫が結婚前に買った美術品、相続した財産などは対象範囲から外れ、あくまで結婚してから夫婦が共同で手に入れたものに...
離婚したい場合の慰謝料
離婚したい場合には、慰謝料も決められます。原因が不貞行為や暴力、借金など、離婚が相当とする場合に支払われるもので、夫婦のどちらか一方に離婚する明らかな原因がある場合に限られるのです。支払われるケースは多岐に渡り、先述した原因の他にも、宗教にはまって家庭を顧みなかったり、犯罪を犯した時にも精神的苦痛を負った等として慰謝料の請求ができ、損害賠償としての意味合いが強く、手切れ金であるともいえるでしょう。離婚したい夫婦では、原因をしっかりさせておかないと慰謝料が請求できない場合もあり、しかも、慰謝料の金...
離婚したい夫婦と子供の親権
離婚したい夫婦に未成年の子供がいた場合は、親権者を決める必要があります。親権者は、子供の監護と財産管理に責任を持ち、日常の世話をしたり、教育を受けさせ、子供の財産を管理する責任者となります。離婚したい夫婦にとっては大切な権利でありますから、親権を巡ってトラブルになることは多く、協議離婚をするのにも親権者を夫婦のどちらが取るのかを決定しない事には離婚届も受理できないとあって、離婚における最大の争点となる場合も少なくありません。親権者は、離婚したい夫婦の間で合意に至らなければ裁判所での調停や審判、あ...
離婚したい夫婦と子供の養育費
離婚したい夫婦に子供がいると、親権者の決定と共に養育費も決定する事になります。養育費は、子供の生活費や教育費、医療費などの育児に必要な費用のことで、成人するまでは親は扶養する義務があるので負担するのは当然でしょう。離婚したいのであれば、子供の権利と親の義務もきちんと果たしたいものです。養育費は子供を引き取り、育てている側に支払います。親権者であっても、子供を育てていないのなら、養育費を請求できません。養育費は、離婚したい夫婦の収入にもよりますが、年齢や教育機関(高校までなのか、それとも二十歳にな...
離婚したい夫婦と面会交渉権
離婚したい、あるいは離婚が成立した後にも、様々な悩みがあるでしょう。その一つが子供の面会交渉権です。離婚したい夫婦が話し合いで親権者を決める際に、養育費などと一緒に子供と面会できるのかも設定するもので、親権者や監護者にならなかった側の正当な権利となるものです。離婚したい夫婦には、離婚するだけの理由があり、たとえ権利だとしても相手に子供を会わせたくないと思う場合もあるでしょう。しかし、子供にとって面会は、別居している親からの愛情を感じられる時間なのです。面会が子供の成長にとってプラスになることも多...
離婚したい夫婦の戸籍と姓
離婚したい際には夫婦の戸籍や姓についても話し合う必要があります。離婚すれば、戸籍は別々になるので、夫を戸籍筆頭者にしている場合は、妻は夫の戸籍から除籍されることになります。離婚したい妻は、結婚前の親の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作っておくことを選ばなければなりません。姓は、結婚前の姓に戻ることも、結婚したままの姓を名乗ることも可能で、仕事などで不都合がないようにどちらの姓を選んでも良いでしょう。離婚しても姓をそのままにするには、離婚成立後3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役...
離婚したい親のための公的援助
離婚したい夫婦は、公的援助を受けることも考えておきましょう。離婚後の生活に不安があるのなら、予め公的援助について調べておいたほうがよく、特に子供がいる夫婦であれば、尚更です。公的援助には、児童福祉手当てや児童扶養手当などがあります。また、離婚したい夫婦で子供を母親が引き取る場合には、より手厚く援助が受けれられることになっており、母子福祉資金の貸付制度、母子生活支援施設の利用、義務教育就学援助制度などもあるのです。援助を受けるには、それぞれの制度で利用の為の条件があります。その一例を紹介すると、児...

離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚の種類と方法