離婚り必要な事

離婚したいが離婚届を無効にするには

離婚したい夫婦のどちらか一方が、思い余って勝手に離婚届を提出してしまった場合、無効にすることは可能かどうかご存知でしょうか。

 

離婚届は、書き間違いなどがなければ基本的には受理されることになっています。

 

よって、離婚届を夫婦間の話し合い無く無断で提出された場合には、無効にするための手続が必要なのです。

 

離婚したいけど、慰謝料や財産分与、子供の親権など、決めなければならないことはたくさんあり、知らぬ間に離婚が成立しては夫婦のどちらかにとって不利益が生じる可能性もあります。

 

離婚したいからと勝手に出した場合には、無効にするための訴訟を起こさなくてはならないのです。

 

裁判によって認められれば、離婚は無しとして戸籍からも離婚の記載が抹消されます。

 

もし、離婚したいと考えている場合でも、断り無く離婚届を提出されることを防ぐ方法があるのです。

 

不受理申出書を提出しておくという方法です。

 

この不受理申込書を提出しておくと、離婚届を受理されることはありません。

 

不受理申込書は各市町村役場の窓口で貰え、必要事項を記入して本籍地の役場に提出します。

 

本籍地以外で提出しても、本籍地役場に転送されることになっています。

 

なお、不受理申込書は有効期限があり、書類受付の6ヶ月まで有効ですので、離婚話が長引くようなら6ヶ月毎に改めて手続をし、期間延長を申し出なければなりません。

 

不受理申込書を提出して場合で、離婚したいと話がまとまったのなら、取下書を提出します。

 

取下書を出せば離婚届は受理されます。

 

万が一に備え、不受理申込書の準備をしておくのも、離婚を賢く乗り切る方法ではないでしょうか。

離婚したいが離婚届を無効にするには関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したいが離婚届を無効にするには