離婚り必要な事

離婚したい際の協議離婚について

離婚したい夫婦のおよそ90%が協議離婚をするとされています。

 

では、協議離婚の進め方や注意点を上げておきましょう。

 

協議離婚は夫婦の話し合いで合意に至り、離婚届を提出すれば離婚成立となりますが、当事者同士での話し合いはかなり大変でしょう。

 

特に離婚したい理由が不貞や借金などの場合、冷静さを失って話し合いも不調に陥るケースが多い様です。

 

ですから、夫婦を知る第三者に立ち会ってもらうのも進めやすくなるポイントでしょう。

 

話し合いは精神的にも疲労してしまいますので、条件を数回に分け、日時を決めて話し合うのもお薦めです。

 

感情的にならず、離婚したい夫婦の両方にとって納得できる条件になるようにしましょう。

 

また、離婚後のトラブルで多いのが、決めた条件を守ってくれないという事です。

 

子供の養育費や生活費など、離婚した際の約束が反故にされてしまったと言うのは様ある話の様ですが、協議離婚の際には離婚届に条件を記入することがありませんから、口約束で終わってしまうこともあるでしょう。

 

離婚したい時には、話し合った事柄を文章化しておくと安心です。

 

離婚合意書を取り交わすと、約束した証明にもなります。

 

公的にきちんと条件を明文化しておきたいなら、公証人に公証証書を作成して貰う事をお薦めします。

 

公証証書を作成しておくと、もし約束の不履行があれば裁判なしで差し押さえなどの強制執行を行うことが出来るのです。

 

離婚したいけれど約束が守られるか心配だと言う方には、協議離婚の際に公証証書、または個人的に離婚合意書を取り交わすようお薦めします。

離婚したい際の協議離婚について関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したい際の協議離婚について