離婚り必要な事

離婚したい際の調停離婚について

離婚したいなら、夫婦の合意が必要です。

 

しかし、夫婦のどちらか一方が離婚に応じない場合には、どうすればよいのでしょうか。

 

あるいは、協議離婚するのは意見が合致しているのに、財産分与や子供の親権、養育費などでもめている場合や、暴力などで話もまともに出来ない場合も、離婚は容易ではありません。

 

これらの場合、離婚したい夫婦どちらかが家庭裁判所に離婚調停を申し立てることで解決するかもしれません。

 

離婚調停では、家庭裁判所の調停委員が離婚したい夫婦のそれぞれから話を聞き、離婚に合意するように間を取り持てくれ、成立すれば調停離婚となります。

 

離婚したい時は原因によりますが感情的になることがしばしばですので、冷静な話し合いをするには良いでしょう。

 

調停は夫婦別々で行われ、入れ替わりで調停委員と話をし、離婚条件を話し合っていきます。

 

調停は数回行われ、一回に付き30分から1時間程度で、1週間〜1ヶ月の間隔で行われるようです。

 

離婚したい夫婦の間で合意が取り付けるまで調停が続き、合意となれば調停調書が作られて離婚届が受理され離婚成立となります。

 

調停委員は、あくまでアドバイスする立場ですから、離婚したい夫婦の意見を尊重し、合意を強制的に取り付けることはありません。

 

調停に持ち込むのが不安だと言う方は、家事相談室を利用するのもよいでしょう。

 

離婚したいけど申し立ての方法が分からない、相談したいという場合に適切なサポートが受けられます。

 

なお、離婚調停に理由なく欠席すると5万円以下の過料に処されます。

 

合意がない、出頭しなかったなどで調停が不成立になった場合は、審判離婚に移ることになります。

離婚したい際の調停離婚について関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したい際の調停離婚について