離婚り必要な事

離婚したい際の審判離婚について

離婚したい夫婦が協議離婚でも、調停離婚でも離婚成立とならない場合には、審判離婚をする道があります。

 

調停離婚では夫婦どちらもの言い分を調停委員が聞くことにより、公正な判断から離婚が相当であるとの結果が出た場合には審判が行われることになります。

 

調停ではなく家庭裁判所の審判によって離婚が成立するところが審判離婚の所以なのです。

 

審判が下される為には、条件があります。

 

離婚したい夫婦のどちらかが調停に出席出来ない場合や、夫婦共に審判離婚を求めている場合です。

 

また、離婚したい意思は固まっていても、子供の親権や財産分与などで話がまとまらない時、離婚が決まっても心変わりをして撤回を申し入れた時なども含まれます。

 

審判離婚では、このような場合にも離婚が相当か、親権者の決定、それに財産分与や養育費の金額なども家庭裁判所の裁量で決まるのです。

 

ただし、審判裁判には注意があります。

 

離婚したい夫婦の双方から異議がある場合には、2週間以内に異議の申立をしないと離婚成立となってしまいます。

 

申立をするには、家庭裁判所に審判確定証明申請書を提出して、審判書謄本と審判確定証明書交付の申請を行います。

 

審判確定後10日以内に、離婚届、戸籍謄本、審判書謄本、審判確定証明書を、離婚したい夫婦の本籍地か申立人の市区町村役場に提出して手続を行います。

 

審判離婚は、子供の親権などで早急に親権者を決めたい時などにも有効とされます。

 

協議離婚や調停離婚で納得できないならば、審判離婚の方法を取るのも良いでしょう。

離婚したい際の審判離婚について関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したい際の審判離婚について