離婚り必要な事

離婚したい夫婦と財産分与

離婚したい夫婦は、財産について話し合っておくことが必要でしょう。

 

離婚したい夫婦でいよいよ離婚成立となった際に問題となるのが、財産分与でしょう。

 

婚姻期間中に夫婦で協力して築いた共有の財産を離婚時に分けることで、預貯金はもちろんですが不動産・動産や株、生命保険やゴルフの会員権などに、借金も対象に含まれます。

 

ただし夫婦だからと言って、結婚する前のそれぞれの所有物、例を挙げると妻の嫁入り道具や、夫が結婚前に買った美術品、相続した財産などは対象範囲から外れ、あくまで結婚してから夫婦が共同で手に入れたものに限ります。
財産分与は、離婚したい夫婦の別れる原因となった責任がどちらにあっても請求できる正当な権利です。

 

離婚時は財産を分けることになりますが、不動産などは土地や建物を分割して取り分に割り当てると言うのも無理な話です。

 

よって、売却した金額を分ける、もしくは不動産と預貯金などの資産価値が同額なら夫側が不動産を、妻側が預貯金を取るといった方法が取られる場合もあります。

 

これは清算的財産分与という方法で、一般的な財産分与の方法です。

 

また、配偶者の不貞によって離婚したいとなれば、慰謝料代わりに財産分与の大部分を引き渡す、慰謝料的財産分与の形を取ることもあるようです。

 

他にも、財産分与として、経済的不安のある側に対し、離婚してから再婚するまで、あるいは話し合いによって決めた年数まで生活費を渡す場合もあり、扶養的財産分与と呼ばれ
ます。

 

これも財産分与に含まれ、離婚したい理由や夫婦の経済状態、子供の有無によって違いがあるようです。

離婚したい夫婦と財産分与関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したい夫婦と財産分与