離婚り必要な事

離婚したい場合の慰謝料

離婚したい場合には、慰謝料も決められます。

 

原因が不貞行為や暴力、借金など、離婚が相当とする場合に支払われるもので、夫婦のどちらか一方に離婚する明らかな原因がある場合に限られるのです。

 

支払われるケースは多岐に渡り、先述した原因の他にも、宗教にはまって家庭を顧みなかったり、犯罪を犯した時にも精神的苦痛を負った等として慰謝料の請求ができ、損害賠償としての意味合いが強く、手切れ金であるともいえるでしょう。

 

離婚したい夫婦では、原因をしっかりさせておかないと慰謝料が請求できない場合もあり、しかも、慰謝料の金額を巡って話がまとまらない場合もあります。

 

特に相手の不貞行為で離婚となった際には、相手を懲らしめようと法外な慰謝料を請求する方がいますが、金額の折り合いが付くまで離婚が長引く結果になりますので、常識の範囲内に納めた金額の方がスムーズにいくことも多いようです。

 

慰謝料の相場は、平均で100〜200万円とされます。

 

慰謝料は支払わずに財産分与で補填したりなど、離婚したい夫婦の間で話し合いによって金額は増減し、夫婦両方に原因がある場合には、お互いに支払う義務が生じないこともあります。

 

離婚したい夫婦が性格の不一致などで離婚する場合は支払う責任はありません。

 

それから、離婚したい場合、配偶者の不貞の相手にも慰謝料の請求が出来るのです。

 

不倫や浮気は婚姻関係を危うくする行為であり、不貞の相手はその責を負うべきと見なされます。

 

配偶者の親族が離婚したい原因となった時にも同様に請求できるのです。

離婚したい場合の慰謝料関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したい場合の慰謝料