離婚り必要な事

離婚したい夫婦と子供の養育費

離婚したい夫婦に子供がいると、親権者の決定と共に養育費も決定する事になります。

 

養育費は、子供の生活費や教育費、医療費などの育児に必要な費用のことで、成人するまでは親は扶養する義務があるので負担するのは当然でしょう。

 

離婚したいのであれば、子供の権利と親の義務もきちんと果たしたいものです。

 

養育費は子供を引き取り、育てている側に支払います。

 

親権者であっても、子供を育てていないのなら、養育費を請求できません。

 

養育費は、離婚したい夫婦の収入にもよりますが、年齢や教育機関(高校までなのか、それとも二十歳になった時や大学卒業時までかなど)によって期間や支払い金額を設定します。

 

支払方法は月払いがほとんどで、金額は子供一人2〜3万円前後が相場のようです。

 

家庭裁判所で養育費の金額を決めるには、離婚したい夫婦の年収、家族の年齢などを考慮し、養育費算定表や生活保護基準方式などから算出されます。

 

しかし、養育費については、離婚したい夫婦の間でトラブルになりやすいことも事実でしょう。

 

協議離婚などでは、養育費の支払いを了承しているに関わらず、支払いを怠り、最悪のケースでは拒否する場合もあるのです。

 

実際に養育費がきちんと支払われているのは、離婚した夫婦のおよそ5割とされますので、不履行にも備えておく必要が出てきます。

 

離婚したい夫婦の間で離婚合意書や公証証書を作成しておくことで、約束を守らせるようにしましょう。

 

もし不払いがあれば強制執行も可能になり、口約束にならずに済みます。

離婚したい夫婦と子供の養育費関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したい夫婦と子供の養育費