離婚り必要な事

離婚したい夫婦の戸籍と姓

離婚したい際には夫婦の戸籍や姓についても話し合う必要があります。

 

離婚すれば、戸籍は別々になるので、夫を戸籍筆頭者にしている場合は、妻は夫の戸籍から除籍されることになります。

 

離婚したい妻は、結婚前の親の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作っておくことを選ばなければなりません。

 

姓は、結婚前の姓に戻ることも、結婚したままの姓を名乗ることも可能で、仕事などで不都合がないようにどちらの姓を選んでも良いでしょう。

 

離婚しても姓をそのままにするには、離婚成立後3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出すれば姓を継続して名乗ることが出来るのです。

 

期間が過ぎてから旧姓に戻したいのなら、家庭裁判所に氏の変更許可の申し立てを行うことで可能ですが、許可を取るのは大変と言われています。

 

離婚したい夫婦に子供がいた場合にも備えましょう。

 

離婚したいけど、子供の戸籍と姓をどうするか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

子供の場合についてもしっかり調べておくと安心して離婚話が進められます。

 

離婚したい夫婦の戸籍筆頭者が父親なら、母親が親権者で同居もしていても子供の戸籍と姓は父親と同じになります。

 

その状態に異議があるなら、子供の戸籍と姓を変更できるのです。

 

なお、子供が15歳以上の場合は、本人の意思で戸籍と姓の変更の許可を申し立てることができます。

 

同居した親の戸籍と姓に変更後でも、子供が成人して旧姓に戻りたいとすれば、20歳から21歳になるまでの1年以内に市区町村役場で手続を行うと、戸籍と姓を選択出来るのです。

離婚したい夫婦の戸籍と姓関連エントリー


離婚をする為にはどのような準備が必要なのかをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 離婚の為の準備ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚したい夫婦の戸籍と姓